会員管理システムのメリット・デメリットについて解説します。

会員管理システムのメリット・デメリットについて解説します。

会員管理システムには複数決済対応や高いセキュリティ性能など様々なメリットがありますが、導入や運用コスト、情報漏洩の可能性などのデメリットがあります。これから会員管理の導入を検討しているのであれば、どんなメリットやデメリットがあるのかチェックしましょう。本記事では、会員管理システムのメリットやデメリットについてご説明します。

会員管理システムのメリット

会員管理システムのメリットは、以下の通りです。

メリット
  • 複数の決済に対応している
  • セキュリティ性能が高い
  • 事業の状況にあわせて課金プランが選べる
  • 安全に個人情報が管理できる
  • マーケティング戦略に活用できる
それでは、会員管理システムのメリットについてご説明しましょう。

複数の決済に対応している

会員管理システムは複数の決済に対応しているのがメリットです。
クレジットカード決済やPayPayなどを初めとする様々な決済機能に対応しているため、状況に合わせた決済手段が選べるのがポイントです。

セキュリティ性能が高い

会員管理システムはセキュリティ性能が高いのが大きなメリットです。
セキュリティ性能が高いと、蓄積されている会員情報を外部に漏洩する可能性がグッと低くなるため、安心して会員情報を管理できます。
アクセス権限の設定で会員情報を取り扱う人を制限したり、パスワード設定や二段階認証を設定したりと、設定次第でセキュリティをさらに強固にできるでしょう。
ただ、システムによってセキュリティのレベルや機能が違うため、どの程度のセキュリティ性能を求めるかで選び方も変わります。
また、もしもの時のためにチャットや電話でのサポート対応をしてくれるのかどうかもチェックしておくと、安心して運用できるでしょう。

事業の状況にあわせて課金プランが選べる

会員管理システムには課金プランのカスタマイズができる機能があるため、事業の状況に合わせて課金プランを設定することができます。
システム設計の際に事業を俯瞰的に把握することで、月額プランが良いのか、年間プランにするべきなのかなどを決めやすくなります。

安全に個人情報が管理できる

会員管理システムは数多くの会員情報を取り扱うため、安全に個人情報が管理できるメリットがあるのはとても大きいでしょう。
セキュリティ対策がしっかりできる会員管理システムであれば、安全に個人情報が管理できます。
管理された個人情報はシステム上に集約されているため、全社的に情報共有するのも簡単です。
会員情報がしっかり管理されていれば安心してデータ分析を行うことができますし、情報の分散化を防ぐこともできます。
情報の分散化は情報漏洩に繋がる可能性がありますが、分散化させずに一つのシステムに集約しているのが大きなポイントです。

マーケティング戦略に活用できる

会員管理システムはマーケティング戦略にも活用できるのがメリットです。
蓄積された会員情報は重要な経営資産であり、会員情報を分析することで新しいマーケティング戦略を考える手助けとなります。
システムを利用しない場合だとマーケティングチームが見込み客に関する情報を持っていたり、販売現場が売上データを保有していたりします。
チームごとに管理している情報が違う以上、効率良くデータ分析を行うことができません。
しかし、システム上にデータを集約することでマーケティング戦略に活かすことができます。
どんなマーケティング施策が有効だったのか、成約率が高い会員にはどんな特徴があるのか、会員が離脱する原因は何かが正しく分析できるのがポイントです。
データ分析を行うことで自社の強みや弱みが分かるため、マーケティング戦略に活用できるでしょう。

会員管理システムのデメリット

会員管理システムのデメリットは、以下の通りです。

デメリット
  • 導入・運用コストがかかる
  • 効果が実感できるまで時間がかかりやすい
  • 情報漏洩する可能性がある
  • 安全に個人情報が管理できる
  • マーケティング戦略に活用できる
それでは、会員管理システムのデメリットについてご説明しましょう。

導入・運用コストがかかる

会員管理システムを導入するにあたって気を付けておきたいのが、導入・運用コストがかかることです。
初期費用はもちろん月額費用や年会費などのランニングコストがかかるため、自社で無理なく継続して活用できる会員管理システムを導入する必要性があります。
上手に活用できればコスト以上の成果を出すことができるので、上手く活用できるように使いやすさを重視することが大切です。

効果が実感できるまで時間がかかりやすい

会員管理システムを導入したからといってすぐに効果が実感できるわけではありません。
会員情報を効率良く管理し、業務効率を高めて業績向上に繋げるのが主な役割です。
そのためには蓄積された会員情報のデータ分析を行う、マーケティングに活かす必要性があるでしょう。
導入したらすぐに効果が実感できなくてシステムの導入に失敗したのではないかと思われるかもしれませんが、そう思うのは早計です。
使いやすい会員管理システムであれば継続して活用していくのが苦になりませんし、しっかりとしたサポートが充実しているはずです。

情報漏洩する可能性がある

会員管理システムはセキュリティ性能が優れているので安全に個人情報が管理できますが、それでも絶対に情報漏洩が防げるわけではありません。
蓄積した会員情報はしっかりと管理して漏洩させないようにしなければなりません。
しかし、優れたセキュリティ性能をもってしても油断していると情報漏洩する可能性があるでしょう。
一度でも会員情報が漏洩するようなことがあれば信用問題に繋がり、業績が著しく落ちる可能性が高いです。
優れたセキュリティ性能に甘んじることなく、徹底したセキュリティ対策を心がけることが大切です。

まとめ

会員管理システムには様々なメリットがありますが、運用していくうえで気を付けたいデメリットもあります。
複数の決済に対応しているので柔軟に決済手段を選ぶことができますし、セキュリティ性能に優れているのもポイントです。
優れたセキュリティ性能によって安全に個人情報を管理することができる上に、システム上に会員情報が集約されているのでデータ分析にも役立ちます。
データ分析を駆使することでマーケティング戦略に活かすこともできることから、業績向上に役立てることができるでしょう。
しかし、導入コストや継続的な運用コストがかかるので、自社の目的や課題解決ができる会員管理システムを導入する必要性があります。
いくらセキュリティ性能が高くても絶対に個人情報が漏洩しないというわけではないため、常にセキュリティを意識した運用が必要です。
もしも会員管理システムの導入を検討しているのであれば、メリットやデメリットを踏まえた上で自社に合ったものを選ぶことが大切です。

会員管理システムを決定する前の必見コンテンツ

会員管理システムを検討しているご担当者様に、
必ず読んで頂きたいポイントを記事に
まとめました。
IT導入補助金の制度や、会員管理システムのメリット
とデメリットなど、必ず役に立つ情報を
紹介しています!

TOP5ランキング

様々な観点から20社以上を徹底比較した上で厳選したシステム5社を紹介します!

記事を読む
会員管理システムの機能

会員管理システムとは何か、導入する背景や、活用できる機能、選び方について紹介しています。

記事を読む
会員管理システムのメリットとデメリット

会員管理システムの導入や乗り換えにあたって、どういったメリットやデメリットがあるのか、一度整理してみましょう。

記事を読む
【免責事項】

・当サイトは掲載各社のサービスを紹介するサイトであり、詳細は各社公式サイトにてご確認ください。
・当サイトで案内している情報に関しては万全を期しておりますが、内容を保証するものではございません。
・お問い合わせ、契約に関してはご自身の判断で行ってください。